デジタルアーカイブ技術を使用したレプリカ屏風/レプリカ画像作成

  オフィス空間からリビングまで「国宝を味わう」複製商品(額・掛軸・屏風など)
  日本の文化財複製商品で空間演出。もっと世界が誇る「日本の美」に触れて欲しい
  デジタルアーカイブとその構築の流れも簡単にご説明します。

 

  最新の技術を駆使し、撮影からスキャニング・デジタルアーカイブ構築の全てを行います。
  構築以後のコンテンツ管理・利用の企画・各種メディアへの編集・高度なセキュリティー確保の提案まで
  豊富なノウハウを持ってサポートしていきます。
  最新の機材・技術を用いて高品位なデジタルコンテンツを撮影・アーカイブ構築をおこない、
  それらを再活用していきます。 


文化財や美術品など優れた歴史的遺産を高品位デジタルデータを活かし、
屏風、掛け軸、額など様々な「かたち」へプロデュース。

撮影から仕立まで

1. 撮影(デジタルアーカイブ)

■レプリカを製作のために必要な解像度、撮影方法を検討します。

 ○非接触型スキャナーにてスキャニング

最大2000mm×2000mmまで対応(600dpi 22憶画素)



 ○デジタル撮影

解像度13000万画素まで対応 

 ※対象物が持ち出し不可能な場合は現地まで赴きます。
↓
2. 紙の選定・出力

■印刷方法を選択します。
 ○UV印刷

金箔紙・銀箔紙の複製品を製作するのに適しています。


 ○シルクスクリーン印刷

立体感や濃色を表現するのに適しています。


 ○インクジェット印刷

部数が少ない場合にはインクジェット印刷が適しています。
インクジェット印刷はほかの印刷方法とは版を制作する必要がないという点で大きく異なります。版を使用しないので大判の印刷が可能で、紙を継ぎ足して使用する場合にも元データがひとつなので、分割しても全く同じ色が表現できます。また、コストパフォーマンスに優れています。

 ○コロタイプ印刷・オフセット印刷

多部数の複製品を製作するのに適しています。
特にコロタイプ印刷は黒色が優れており、墨色を表現するのに最適です。


■オリジナルを表現できる最適な出力紙の選定を行います。
 ○オリジナル和紙、カンバス紙 画材紙 その他
↓
3. 補彩・金彩
全体のバランスを取りながら手作業による補彩を施します。
オリジナルに金彩が施されている場合は、金彩を施します。
↓
4. 仕立
オリジナルの装幀通り仕立てます。
襖、屏風、額装、軸装、和本、巻子装など

※当社オリジナル特殊加工紙を使用することで
微妙な風合いまで忠実に再現できます。

画像:風神/雷神
ヴィジュアルマーキングドットコム
(リンテック株式会社)提供

レプリカ画像施工事例

画像:風神/雷神
ヴィジュアルマーキングドットコム
(リンテック株式会社)
画像:婦女人相十品ビードロ吹き
ヴィジュアルマーキングドットコム
(リンテック株式会社)

制作工程

お気軽にお問い合わせください。084-953-9820受付時間 9:00-18:00 [ 日・祝日除く ]

お問い合わせ 画像3点 添付できます