屏風修理について

本来金屏風は、伝統的な日本の調度品であり
結婚式や宴会などハレの日の舞台装置として親しまれてきました。

業務用の金屏風は移動が多いため、状態管理が大変です。
汚れ・破れ・傷・破損は宴会の雰囲気を損なうだけでなく、ホテルのイメージダウンにも関わります。

ですが丁寧なメンテナンスを行えば、10年、20年と長く美しい状態で使っていただけるものです。
買い替えよりもリーズナブルな価格で、見違えるほど美しい状態に生まれ変わります。

 

金屏風の取り扱い方法

当社製のホテル業務用金屏風は、金の表面にコーティングを施しております。醤油や油類のハネ、シャボン玉発生器の跡等であれば、軽く水拭きしたあとに乾いたタオルで水分を拭き取って頂ければ綺麗になります。しかしながら、そのまま放置しておくと緑色のカビが金箔を侵食します。


※コーティングを施していない金箔は、触らない事をお勧めいたします。購入された会社に一度ご確認ください。

 

修理ご依頼の流れ

1.修復カルテの記入(ホテル様、もしくは代理店のご担当者様ご自身で、ある程度の目安で
 チェック項目に準じて記載して頂きます)
 加えて、お問合せフォームまたはメールにて修理箇所の画像をご送付ください。

 修復カルテPDFはこちらからダウンロード


2.概算の見積書を作成いたします。

3.概算見積にご納得いただけましたら、当社から専用の送り状を送付いたします。
  必要であれば梱包用の箱も一緒にお送りします(送料実費)

4.屏風を梱包のうえ、専用送り状にて当社へお送りください。

5.当社にて再チェック。必要があれば見積りを修正してご確認いただきます。

6.正式ご発注⇒修理に取り掛かります。

7.納品

 
 

屏風修理のチェックで気を付ける点

1.修理できる屏風かどうか
 基本的に発砲下地・ウレタンボード下地の屏風は張替え修理が出来かねます。

2.蝶番部分が切れているかどうか
 白くなっていたら要注意。切れ掛かっていると想定できますので、蝶番貼り替えをおすすめいたします。

3.金屏風以外へのリメイクも
 フューネラル用の銀屏風やメタル箔、布張りなどに変更する「張り替えリニューアル」も承ります。

 

 

金屏風 修理価格表(ホテル・式場業務用)

6尺 H1800・7尺 H2100

張替面数 洋金平押 裏紺布
6面 84,000 29,000
5面 72,000 24,500
4面 58,000 20,000
3面 44,000 16,000
2面 31,000 12,000
1面 16,000 6,000

8尺 H2400

張替面数 洋金平押 裏紺布
6面 105,000 41,000
5面 87,000 34,000
4面 71,000 28,000
3面 54,000 22,000
2面 38,000 16,000
1面 20,000 8,000

 

  7尺 8尺
蝶番 1筋 9,000 10,500
金具交換 4,500 6,500
緑交換 縦 4,000 4,000
緑交換 横 2,000 2,000

 

 

 

Mail : info@byoubu-ya.com084-953-9820受付時間 9:00-18:00 [ 日・祝日除く ]

お問い合わせ 画像4点 添付できます