基本の金屏風修理行程②

屏風の基本修理、今回は貼り換えの工程を紹介していきます。



DSC_0063

まず、下地に継ぎあてをします。

これは下地に穴が空いてしまっている場合にのみ、発生する工程です。



DSC_0069

次に、下張りを掛け、乾燥させます。



DSC_0073

そして新しい金箔を貼り、再度乾燥させます。



DSC_0076

乾いたら、縁を元通りに打ち付け、新しいオゼを貼ります。

これを再び乾燥させれば、屏風の修理は完了です。



DSC_0079

金屏風の修理では、予期せぬ箇所の破損が見つかる事が珍しくありません。

表面をめくってみると、骨が折れていたり、丁番の布が切れていたりなど様々なケースがあります。

ですが、余程のことでない限りは修復可能です。

修理について気になる事がございましたら、お気軽にお問合せ下さいね。