金屏風の椽(ふち)の補修

金屏風の補修について。

金箔を張った面のダメージ以外にも目立ちやすいのが、椽の塗装剥がれです。

img_9776

金屏風は重量があり、サイズも大きいので、ホテル宴会場や式場で毎日持ち運ぶ際に、どうしてもぶつけたり擦れたりなどして椽が傷んでしまいます。



多少の塗装剥がれであれば、簡易処置ではありますが、油性ペンなどで塗っていただくだけでも印象は変わってきます。

img_9779

↑このように。

少しの手間で、全然印象が違いますね。



ただし、床の設置面を塗る時だけはご注意!

床や絨毯に色移りしてしまっては大変です。

油性ペンでもままある事なので、できるだけ避けた方が無難です。



もちろん、椽を新しいものに交換する修理も承っておりますが、往復の運賃も考えますと、それだけのためにご依頼いただくのはなかなか現実的には難しいかと思います。



まずは簡単なセルフメンテナンスからお試し下さい。

それでも気になる箇所がありましたら、お気軽にご相談ください。