真田丸展

屏風に携わるようになる前は意識していなかったのですが、
ふと気づけば、どの美術館・博物館へ行っても、必ずその時代を反映した絵屏風が展示されている事に気づきます。



先日、大阪歴史博物館で開催されていた「真田丸展」に行ってきました。

img_9528

こちらでも、川中島の合戦や大坂夏の陣、長篠の戦いなど、当時の大きな出来事を描いた絵屏風がたくさん展示されていました。



絵の中には信繁(真田幸村)をはじめ、名だたる武将が描かれているのはもちろんなのですが、
名もない武人たちも一人ひとりがまるで生きているかのように個性豊かに描かれていて、見ていて全然飽きませんでした。



お客さんも、とても多かったです。

大河ドラマの人気の高さがうかがえますね。