モダンな和の世界と屏風

毎年、夏季に開催されている「アートアクアリウム展」に、今年はじめて行ってきました。

img_8767

img_8772

様々な形状の水槽で泳ぐ、多彩な種類の金魚たち。

光と音との共演が圧巻でした。

img_8760







その中でもひと際、たくさんのお客さんを集めている水槽がありました。

img_8774

なんと、屏風型の水槽です。

後々、調べてみて知ったのですが、「ビョウブリウム」という名前なのだそうです。

ライティングや背景の色が様々に変化していく様子は、さながら屏風型のスクリーンでした。

img_8776

和の空間を表現するモチーフとして、「屏風」を選んだのが一体誰なのか、そこにどんな経緯があったのか。

知りたい事はたくさんありますが、どちらにしても、このような形で屏風に出会うことは、とても意外なことでした。

「屏風」というアイテムが、前衛的なクリエイターにも注目されているというのを、嬉しく思います。