屏風の修理 – 蝶番の張り替え

屏風の修理について、少し具体的なお話を。

金箔面の破れや穴などの補修に並んで、よくお問い合わせをいただくのが、蝶番の張り替えです。

屏風を長く使用していると、紙蝶番の継ぎ目が白くなってきます。

これは紙蝶番がほぼ切れかかっている状態ですので、張り替え修理が必要です。




まず、屏風の製造工程から説明しますと



%e3%83%87%e3%82%b8%e3%82%ab%e3%83%a1-2524



下地を屏風の曲数に応じて、紙蝶番でつなぎます。



img_7119



その上から全面にウケ張りをし、更にその上に金やシルケット(裏布張り)をしていきます。




ですので、蝶番を張り替えるためには、その両側の金やシルケットの張り替えもしなくてはなりません。

例え面に穴や傷がなくても、張り替える事になってしまいます。

そのため、思った以上に費用が嵩んでしまう場合があります。



完全に裂けてしまう前、あるいは白くなる前であれば最小限の費用で補修が可能ですので、早め早めにご相談くださいね!