尾道 志賀直哉旧居

暗夜行路などの作品で有名な志賀直哉が尾道に住んでいたそうです。
滞在していたのはほんの1年ほどの間とのことですが、その旧居が今も残されています。

5

6

7

9

係の方に当時の色んなエピソードを教えて貰ったり、実際に使っていた食器などを見せていただきました。
部屋自体も、建付けが悪かったりなど当時のままを再現されてありました。
志賀直哉の文章を初めて読みましたが、小説の神様と言われるだけあってとても読みやすくて惹き込まれる文体でした。
窓から見下ろす瀬戸内の海も綺麗で、とても楽しかったです。
また夏にでも尾道を訪れたいです。

門出のための金屏風

入学式シーズンですね。
今年もこの季節に合わせて、学校寄贈用の屏風の注文がありました。

DSCF2522

DSCF2523

DSCF2525-

ご希望があれば、裏面に寄贈の文字を印刷した和紙を貼ることが可能です。
今回は裏面の布地も通常とは異なり柄物を選んでいただきました。
母校になにか寄贈を…とお考えの方は、金屏風を選択肢に入れてみてはどうでしょうか。

尾道の坂歩き

泰山堂のある福山市のお隣、尾道市へ久しぶりに出かけてきました。

千光寺まで続く坂を、のんびり上って来ました。

1

2

尾道の坂は、ネコが沢山居る事でも有名ですね。

寒い日でしたが、あちこちで猫に出会えました。

どの子も毛並みがとても綺麗で、観光客から美味しいものを沢山貰っているんだろうなと思いました。

3

坂を上り続けて疲れたので、帆雨亭さんでコーヒーを飲んで一休みしました。

懐かしい感じの古民家カフェで、尾道縁の文豪・志賀直哉の貴重な本が沢山置いてありました。

眺めもよく、ゆったりとした時間を過ごすことが出来ました。