絵屏風の製作

金箔に直接絵を描いたものを屏風に仕立てました。

IMG_9973

レプリカ屏風など、印刷したものを仕立てることは時々ありますが、直筆のものはなかなか機会がありません。

IMG_9977

隣の面と線が繋がるように、丁寧に貼り合わせて作ります。

IMG_9979

サイズもかなり大きいため、圧巻の仕上がりになりました。

尾道 志賀直哉旧居

暗夜行路などの作品で有名な志賀直哉が尾道に住んでいたそうです。
滞在していたのはほんの1年ほどの間とのことですが、その旧居が今も残されています。

5

6

7

9

係の方に当時の色んなエピソードを教えて貰ったり、実際に使っていた食器などを見せていただきました。
部屋自体も、建付けが悪かったりなど当時のままを再現されてありました。
志賀直哉の文章を初めて読みましたが、小説の神様と言われるだけあってとても読みやすくて惹き込まれる文体でした。
窓から見下ろす瀬戸内の海も綺麗で、とても楽しかったです。
また夏にでも尾道を訪れたいです。

門出のための金屏風

入学式シーズンですね。
今年もこの季節に合わせて、学校寄贈用の屏風の注文がありました。

DSCF2522

DSCF2523

DSCF2525-

ご希望があれば、裏面に寄贈の文字を印刷した和紙を貼ることが可能です。
今回は裏面の布地も通常とは異なり柄物を選んでいただきました。
母校になにか寄贈を…とお考えの方は、金屏風を選択肢に入れてみてはどうでしょうか。